サバ活! サバゲーはじめました!

サバゲーと破壊と再生のエアガンいじり

電動ガン カスタム S&T TAVOR-21 Explorer Ver. ② メカボックス 分解編

どうも、morleyです。

 

前回まではタボールの外装を分解し、メカボックスを摘出したところまででした。

 

morleyairsoft.hatenablog.com

 

今回はメカボックスを分解し、各部チェックしながら洗浄、再組立てまでやっていこうと思います。

 

では分解していきます。

 

 まず、ダストカバーのネジとスプリングを外します。

 

f:id:morleyairsoft:20210707231319j:plain

上部2本のネジをはずす。

 

f:id:morleyairsoft:20210707231410j:plain

スプリングのネジもはずす。

 

ダストカバーを外したらメカボックスの外側についている各リンクパーツを外していくのですが、似たようなパーツが多いので自分で分かりやすいようにマーキングしておきます。

画像で保存しとくのもアリですね。

 

f:id:morleyairsoft:20210707233258j:plain

セレクターとラッチ解除リンク。

リンクパーツを全て外します。

小さいスプリングもありますのでなくさないようにして下さい。

 

f:id:morleyairsoft:20210707233403j:plain

トリガーとダストカバーリリースのリンク。

 後ろからメインスプリングを抜きます。

 

f:id:morleyairsoft:20210707233507j:plain

黒いのをマイナスドライバーではずす。

黒いパーツをマイナスドライバーで外すと六角レンチで外せるスプリングガイドがありますので六角レンチで90度ひねってスプリングを抜きます。

 

f:id:morleyairsoft:20210707233554j:plain

六角レンチでひねって。

f:id:morleyairsoft:20210707233637j:plain

はずれました。

 

さて、いよいよメカボックスを分解していくのですが、注意点としてメカボックスを合わせているネジが多いうえ長さがバラバラですのでどこにどのネジが入っていたかわかるようにこんなスポンジを用意しました。

 

f:id:morleyairsoft:20210707233728j:plain

スポンジにメカボの絵を描く。

 

 ネジを外したらスポンジの同じ位置にぶっ挿す感じです。

f:id:morleyairsoft:20210707233819j:plain

こんな感じでぶっ挿します。

では開けます。

こんな感じで思ってたよりはグリスもしっかり塗られていてまともでした。

一度洗浄しますので各部チェックしながらメカボックスに取り付けてあるパーツを全て外します。

洗浄はいつも台所用中性洗剤と歯ブラシです。

f:id:morleyairsoft:20210711230042j:plain

思ったよりまともでした。

グリスも塗りすぎず塗らな過ぎずです。

f:id:morleyairsoft:20210711230224j:plain

外せるものは全て外す。

Ver.2メカボックスばかりいじってきたワタシとしては見慣れない形のパーツが多くて組んであった場所を忘れそうだったのでいちいち画像に残しました。

ここまで目立った粗はなかったのですが、ついに発見しました!

f:id:morleyairsoft:20210711230544j:plain

ちょっとしか付いてない…

トリガースイッチの画像なのですが、数本ある芯線のうち3本しかはんだ付けされてませんでした(笑)

これでは通電効率もさぞ悪かったことでしょう。

ここは後に配線を引き直しますので今はそのままにしておきます。

 

f:id:morleyairsoft:20210711231058j:plain

洗浄完了。

メカボックス、ギアその他を洗浄し終わったとこです。

これから組み直していくにあたって、シム調整からやっていくのですがもともとギアについていたシムは行き詰った時の保険の為にわかるようにしておきます。

ここからシム調整をはじめ丁寧に組んでいきたいと思います。

 

今日はここまで!

 

応援お願い致します ↓

 


サバイバルゲームランキング