サバ活! サバゲーはじめました!

サバゲーと破壊と再生のエアガンいじり

電動ガン カスタム 「DSG M4」メンテナンス 後編

どうも、morleyです。

 

前回は「DSG M4」のメカボックスのメンテナンスをしましたが、その後編になります。

後編ではチャンバー、インナーバレルの清掃をやりました。

 

morleyairsoft.hatenablog.com

 

まずはアッパーフレームからチャンバーを抜きます。

f:id:morleyairsoft:20201026230518j:plain

チャンバーはACE1ARMSのポリカーボネートチャンバー、インナーバレルは東京マルイ純正バレルをカットして使用しています。

f:id:morleyairsoft:20201026230712j:plain

インナーバレル先端

インナーバレルの先端にはブレ防止にアルミテープを一巻きしています。

アルミテープでなくてもブレを防止できるならセロテープでもマスキングテープでもいいです。

これをやることで撃った時、30m以降の集弾性が違ってくるのでやっておくと効果的です。

f:id:morleyairsoft:20201026231045j:plain

チャンバー後端

チャンバーの後端、メカボックスとの結合部分にもアルミテープを巻いてます。

これはチャンバー、メカボックスの結合部分にガタがある場合にやっておくとチャンバー内の弾の保持位置が安定して初速と弾道のブレが抑えられます。

f:id:morleyairsoft:20201026231405j:plain

チャンバー、メカボの結合部。

f:id:morleyairsoft:20201026231453j:plain

インナーバレルは東京マルイ純正バレルを228㎜にカットしてつかっています。

 

f:id:morleyairsoft:20201026231654j:plain

ホップパッキンと押しゴム。

ホップパッキンは宮川ゴムのフラットシリコン硬度60゜、押しゴムはメイプルリーフのΩ押しゴムです。

特にこの押しゴムが優秀で、

f:id:morleyairsoft:20201026232231j:plain

画像が荒くて申し訳ないですがわかるでしょうか。

ホップパッキンを直角の面で押すのではなく、パッキンの曲面に合わせて押せるようになっているので弾の発射位置が常に一定になり弾道のブレがなくなります。

コレかなりおススメです。

宮川ゴムのパッキンもマルイ純正パッキンよりも少しだけ肉厚に作ってあるので気密もバッチリ取れます。

素材がシリコンとニトリルの2種類ありますので好みに合わせて選んでいいと思います。

f:id:morleyairsoft:20201026232824j:plain

ノンホップ。

ノンホップ状態のときは突起も何も出ていないのですが弾ポロすることはありませんでした。

 

f:id:morleyairsoft:20201026233301j:plain

ホップかけた時。

ホップをかけるとこんな感じで曲面でおりてきます。

これなら弾の保持位置も安定しますね。

 

ACE1 ARMS ポリカーボネート ホップアップチャンバー M4用

宮川ゴム 3種セット 電動ガン用チャンバーパッキン シリコン製 60°

Maple Leaf メイプルリーフ メープルリーフ 各社電動ガン対応 HOP UPテンショナーΩオメガ クッションラバー 長掛け 面ホップパッキン対応 流速カスタム 調整 オプション パーツ サバイバルゲーム サバゲー IPSC スチールチャレンジ メール便 ネコポス可

 

インナーバレルの清掃をしたら組み直し、アッパーフレームに戻します。

アッパーフレームの構成はこんな感じです。

f:id:morleyairsoft:20201026233734j:plain

アローダイナミックのサプレッサーを塗装してます。

 

 

f:id:morleyairsoft:20201026234516j:plain

メーカー不明のショートフォアグリップ。

 

 

f:id:morleyairsoft:20201026234623j:plain

ハンドガード、アウターバレルはG&G CM16 SRLの物を使っています。

 

 

f:id:morleyairsoft:20201026234741j:plain

ロアフレーム。

フレームはCYMAのメタルフレームFN刻印。

グリップはG&Pタンゴダウンタイプをステッピング加工してます。

トリガーガードは木で作りました。

 

f:id:morleyairsoft:20201026235239j:plain

ストックはエンハンスドポリマーストック。

バッテリースペースが広いので数種類のバッテリーサイズに対応しています。

 

最後はアッパーとロアを結合させてメンテナンスは終了です。

 

元々この銃の製作コンセプトが「少ない予算で大きな実り」だったのでいろんなメーカーの純正パーツを使用しています。

多少、調整は必要ですが違うメーカーのパーツを組み合わせても調整しだいでいい感じのスタンダード電動ガンができると確認できた一丁になりました。

これでまたHITを獲りまくろうと思います!

 

今日はここまで!

 

 

応援お願い致します ↓

 


サバイバルゲームランキング