サバ活! サバゲーはじめました!

サバゲーと破壊と再生のエアガンいじり

VSR-10 「東京マルイ VSR-10 Gスペック」シリンダー開封

どうも、morleyです。

 

今回は本来なら早めにやっておくべきだったVSR-10のシリンダーを開封しました。

なぜ早めにやっておっくべきだったかと言うと。

 

コレ ↓

f:id:morleyairsoft:20200915002312j:plain

ピストンがまあまあキズだらけ。


シリンダーを本体から外し見てみると…

 

ピストンに無数のキズが…

 

実はコレ、製造工程でシリンダーに穴を開けたときにできるバリによるもので、このまま何も処置をせず使い続けるとピストンやピストンヘッドのOリングが傷つきまくってやがてシリンダー内の気密が取れなくなり初速低下の原因になったりします。

 

なので早めにこの部分のバリをとっておこうということです。

 

シリンダーを外したいのでまずはストックとトリガーユニット、バレルアッセンブリーを外します。

結構簡単で本体底面のネジを2本外すだけです。

 

f:id:morleyairsoft:20200915002739j:plain

コレと。

f:id:morleyairsoft:20200915002837j:plain

コレ。

2本のネジを外すとバレルアッセンブリーをストックから外しシリンダーを外します。

シリンダーを外すときは、

f:id:morleyairsoft:20200915003034j:plain

最初は結構固いです。

このレバーを下に押し下げます。

レバーを下げたらゆっくりシリンダーを引き抜きましょう。

 

f:id:morleyairsoft:20200915003225j:plain

開封するにはこのピンを排除します。

バリ取りの作業をするにあたってシリンダーを分解しないといけないのですが、画像赤丸の部分に分解防止のピンが刺さってます。

 

なのでこれをドリルでゴリゴリ削っていきましょう。

手順としては

① ルーターでくぼみをつける(ドリルガイド用)

② 1.5㎜のドリルで穴を開ける(簡単に貫通はしないけどある程度でとめる)

③ 3㎜のドリルで削る(ある程度削ったら進まなくなるのでそこまで)

 

 

こんな感じで削れたらシリンダーヘッドを外します。

 

f:id:morleyairsoft:20200915004839j:plain

 

 外し方はペットボトルの蓋を開けるようにひねります。

結構固いので専用のオープナーとかがあったりしますが、ゴムシートとかをあててひねれば結構すんなり回ってくれます。

ドリルを使ってピンを外しているのでシリンダーヘッドのネジきり部分にもバリが発生しましたので棒やすりでやさしくバリ取りを行いましょう。

 

 

シリンダーヘッドが外れたら中のピストン、スプリング、スプリングガイドも取り外しましょう。

 

外したらピストンの状態を見ておきます。

 

f:id:morleyairsoft:20200915122407j:plain

ピストンヘッド側。

 がりがりに削れてますね…

 

f:id:morleyairsoft:20200915122628j:plain

スプリングガイド側。

 こっちも結構イッテマスネ。

確認ができたのでシリンダーのバリを除去していきましょう。

f:id:morleyairsoft:20200915122153j:plain

やさしくやさしく。

 まあまあの感じでバリがありますので平たい棒ヤスリで力を入れ過ぎず均すように削っていきます。

ここでの注意点でやすりを奥まで入れすぎるとシリンダー内部を傷つけてしまう恐れがあるのでゆっくり慎重にやすり掛けしましょう。

指で触ってみて引っ掛かりがなくなればOKです。

 

金属の削りカスがでますので入念に洗浄し再度グリスアップをして元の状態に組付ければ作業終了です。

 

今回の作業はエアソフトガンの一番大事な部分にドリルを使う作業だったためかなりドキドキしながら作業しました.

必ずやらなければならない作業ではないですが、やっといた方がいい作業としてご紹介しました。

 

やっぱり愛銃はいい状態で長く使いたいですからね(笑)

 

今日はここまで!

 

応援お願い致します ↓

 


サバイバルゲームランキング